Vol.126 『赤と青とエスキース』あらすじ&レビュー|また最初から読みたくなる物語

赤と青とエスキース』あらすじ&レビュー 小説レビュー

※当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは!今回は第126回目になります!

今回は、青山美智子さん著『赤と青とエスキース』という小説について!

『赤と青とエスキース』 は、2022年本屋大賞第2位に選ばれた作品です!

読み終わった後、また最初から読みたくなる物語で、見事に伏線が回収されています。

とっても面白い小説でした!

今回は、こちらの本について、小説のあらすじとレビューを書いていこうと思います。

ネタバレするとつまらないので、注意しながら書きますね。

それでは、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

『赤と青とエスキース』|あらすじ

『赤と青とエスキース』|あらすじ

『赤と青とエスキース』は、4章の短編小説+エピローグで構成されています。

第1章の『金魚とカワセミ』では、オーストラリアのメルボルンに留学したレイの物語が描かれています。

レイは、現地の日本人ブーと恋人となります。

でもそれは、期間限定の恋。

「レイが日本に帰国するまでの期間限定の恋」ということをブーから提案されて、承諾します。

レイの帰国が近づいたある日、ブーは「絵のモデルになってくれないか?」とレイに頼みます。

友人のジャック・ジャクソンがレイの絵を描きたがっているからと。

このジャック・ジャクソンが描いたレイの絵こそが、本のタイトルにもなっている『エスキース』。

『エスキース』は、その後の各章に登場します。

一見バラバラに見える4章の物語。

エピローグで、最後にピースがピタリとハマったように、キレイに伏線が回収されていました。

とっても心温まる大人の恋愛小説ですね。

『赤と青とエスキース』|レビュー

『赤と青とエスキース』|レビュー

ネタバレしたらつまらないので、気をつけて書きたいと思います。

小説のタイトルにもなっている『赤』と『青』について。

各章には、それぞれ『赤』と『青』が必ず登場します。

第1章では、「金魚」と「カワスミ」

第2章では、「東京タワー」と「アーツ・センター」

第3章では、「トマトジュース」と「バタフライピー」

第4章では、「赤鬼」と「青鬼」

ここの対比がとってもオシャレ。

そして、それぞれの章では2人の主要人物が登場します。

2人の人物とタイトルをリンクさせているのも、非常に洒落ています。

例えば第1章の「金魚」と「カワスミ」について。

金魚はレイ。カワスミはブーを表しています。

金魚のように鮮やかな赤いブラウスを纏ったレイ。

カワスミのように優しさと臆病さを持ったブー。

他の章でも、このように対比がなされています。

この作品の醍醐味は、やっぱりエピローグの伏線回収。

でも、要所にある作者のこだわりが、この物語を、更に素敵に仕上げていますね。

最後に

赤と青とエスキース あらすじ

今回は『赤と青とエスキース』について書いてみました。

ネタバレしないように気をつけて書くと、本当にレビュー記事を書くのが難しくて、、、

作品の良さがあまり伝えられなかったと思います。

でも、本当にこの作品は素敵なので、ぜひこちらの本、実際に手に取って読んでみてください。

ちなみに、こちらの本、Amazonのaudible聴き放題の対象作品です。

audible聴き放題とは
  • 月額1,500円で聴き放題
  • 対象の著書は12万冊以上
  • 「ジェイソン流お金の増やし方」や「夢をかなえるゾウ」など著名作品が多数

今なら30日間無料で体験できますので、「audibleを試してみたいな!」と思う人は、以下のHPから登録してみてください!

【入会・退会は超簡単!】

ちなみに、2022年本屋大賞第2位は『赤と青とエスキース』ですが、2022年本屋大賞第1位は、『同志少女よ、敵を撃て』です。

以下の記事では、『同志少女よ、敵を撃て』についてレビュー記事を記載しています。

ぜひあわせて読んでみてください。

この記事を書いた人
komo

ちょっぴり繊細長女・マイウェイ次女・ややデカめベイビー長男・慎重な妻と暮らす32歳会社員👨
そんな私の毎日をブログで発信中。
自分の不器用さに呆れながらも、なんとか日々平凡な暮らしをしています。
小説を読むのが好き📕
2025年4月まで育休予定🧑‍🍼

komoをフォローする
小説レビュー
スポンサーリンク
シェアする
komoをフォローする
KM36 BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました